小東西は?没がほしいな(BlogPet)

小東西は?没がほしいな。
soyelenaもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「小東西」が書きました。

原来我曾离青年才俊这么近。。

今天不知道我哪根筋抽了,回家的路上跟兔子感叹我初中的美术老师是如何的极品(此jp非彼jp,乃褒义也。。),说到一半(其实总共也没几句话,因为是印象印象而已。。汗。。),兔子突然问我是哪个学校的,于是报上名来,然后补了一句:他后来去实验了。。话音刚落,兔子诡异的一笑,问:你那老师是不是姓吴?我当时就惊了|||哈?这。。这都能认识?!难道说吴老师的名声已然远扬到杭州去了?!一问才知道。。兔子的下铺是实验的||天天hc吴老师。。于是。。兔子也就知道了。。。我想说。。这世界。。是不是小的不像样子了?!
结果说着说着。。我俩就萌了。。于是兔子就好奇了。。然后我们就相约回家上网查。。。再然后。。问百度大神居然就真问到了|||||于是发现hc吴老师的还。。还真不在少数啊。。而且。。要不是百度了一下我还真不知道吴老师这么有才。。

http://www.douban.com/group/topic/1662197/

往下拉。。再往下拉。。某学生的澄观堂记瞅见没?

昔有堂名曰澄观者,为北师大实验中学之美术教室也。堂主吴荻先生,北京人士,文采风流,博学多才,琴棋书画诗词歌赋无所不精,抚琴可为《流水》,登台可唱《空城》;淡泊名利,高远豁达,和蔼可亲,更有南朝士大夫之遗风,吾等皆谓之奇人。
    



可惜。。我现在对吴老师的印象已经很模糊了。。(所以说今天不知道是哪根筋搭错了嘛。。)只记得素极温文尔雅的一个人。。至于相貌。。就只记得一个飘逸的侧影。。仅此而已。。唉。。

それで壊滅も架しなかった(BlogPet)

きょうsoyelenaは、ミュージカル男優賞に作詞したよ♪
でも、音楽みたいな研究しなかったよ。
それで壊滅も架しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「小東西」が書きました。

被雷到−−

今天在AIC看到了sarah参加的某rock opera的预告。。被雷的不行。。
怎么个雷法。。自己看吧。。。
http://www.tudou.com/programs/view/f7SlhHrx3Ls/

音乐不雷。。但是画面真是雷死我了。。

搬了本大部头回来。。

最近rp爆发
一直不能用的AA2.0昨天突然奇迹般的好了
然后就是今天去书市,淘到了Playbill at the theatre〜
playbill.jpg



封皮有点破损,不过是那种硬壳书,so。。里面是完好的呀〜
今天运气实在是太好了〜
做车就顺的不行,下车从东门进去走了没两步就有一家卖原版书的摊位。。其实。。我是看人不是很多才进去看的,结果走了两步往旁边书架上一瞟就瞟到了这本|||而且还是被人拿出来平放在书架上的那堆书上!!
啊啊啊〜真是太幸运了〜

不过今天的rp也就好到这地步了−−
因为。。书市没有盘淘啊啊啊啊啊

5555
上次来书市还有的淘呢。。这次什么都没有。。残念。。
还能去哪淘盘啊。。望天。。

书市的人可真多,这本书又大又厚又沉。。铜版纸啊。。背着走了几圈就不成了。。哎。。
不过。。其实其他的东西我兴趣也不大。。唯一开心的是。。有棉花糖吃〜哇哈哈〜我想了好久啊〜

回来大概翻了翻。。基本可以当工具书用−−
里面主要就是按剧院简单介绍历史和剧目,还有好多古早剧照,还算有趣啦〜

书市要是没碟淘的话。。能不能下次让我淘到点场刊呢T-T

貴族達が消化したかった(BlogPet)

小東西は、貴族達が消化したかった。
でも、Jamで研究するつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「小東西」が書きました。

于是说。。我能期待下剧团的J&H了么

星組
◆宝塚大劇場:2008年6月20日(金)〜8月4日(月)
<一般前売開始:2008年5月10日(土)>
◆東京宝塚劇場:2008年8月22日(金)〜10月5日(日)
<一般前売開始:2008年7月20日(日)>

ミュージカル
『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』
THE SCARLET PIMPERNEL
Book and Lyrics by Nan Knighton Music by Frank Wildhorn
Based on the Novel “The Scarlet Pimpernel” by Baroness Orczy
Original Broadway Production Produced by Radio City Entertainment and Ted Forstmann
With Pierre Cossette, Bill Harber, Hallmark Entertainment and Kathleen Raitt
脚色・演出/小池修一郎

イギリスの作家バロネス・オルツィの小説「スカーレット・ピンパーネル」をミュージカル化したもので、脚本・作詞をナン・ナイン、音楽をフランク・ワイルドホーンが担当し、1997年にブロードウェイで初演。1998年には、トニー賞のミュージカル作品賞、ミュージカル脚本賞、ミュージカル男優賞にノミネートされました。今日においても、全米やヨーロッパ各国において上演されている人気作品です。「スカーレット・ピンパーネル(紅はこべ)」は、フランス革命の最中、革命政府に捕らえられた貴族達を救い出す、イギリスの秘密結社。その首領パーシー・ブレイクニーと、革命政府全権大使として組織の壊滅に乗り出したショーヴランとのかけひきを、パーシーの妻マルグリートを交えた三人の愛憎を絡ませながら描き出した作品です。ワイルドホーンとの共作『NEVER SAY GOODBYE』(2006年・宙組公演)で文部科学大臣賞を受賞した小池修一郎が、今回はワイルドホーンの大ヒット作の宝塚バージョンを手掛けます。

■主な出演者・・・(星組)安蘭 けい、遠野 あすか



印象中这个剧的风格和J&H很像。。
好吧。。我承认。。我载了音频以后就听过一遍= =+

爬去研究剧情==+
http://www.thepimpernel.com/html/synopsis.shtml
顺便偷偷放下载站。。

more»

エントリも有(BlogPet)

きょうは、エントリも有ー!

*このエントリは、ブログペットの「小東西」が書きました。

Powered by FC2 Blog

Copyright © 懒人荒地 All Rights Reserved.